IHFセミナー開催のお知らせ

第2回IHF車椅子ハンドボールセミナーが9月4日(土)5日(日)にスイスのバーゼルで開催されました。

■9月4日(土)13:00-15:00 バーゼル時間

  • イントロダクション:Frantisek Taborsky(IHF常任理事、IHF車椅子ワーキンググループ長)
  • 6人制車椅子ハンドボールのトレーニング:Danilo Ferreira(車椅子ハンドボールポルトガル代表コーチ)
  • 選手のリクルート:Martijn Dokkum(車椅子ハンドボールドイツ代表選手、CSVチーム選手)
  • 4人制車椅子ハンドボールのトレーニング:Flavio Melo(IHF車椅子ハンドボールワーキンググループメンバー、車椅子ハンドボール ブラジル代表チーム)

■9月5日(日)13:00-15:00 バーゼル時間

  • 6人制と4人制車椅子ハンドボールのIHF競技規則の紹介:Daniel Magalhaes(車椅子ハンドボールブラジル連盟審判長、インドアハンドボールIHF国際審判員)
  • テクニカルデレゲートの任務、選手の重症度の確認:Marc de Sousa(車椅子ハンドボールヨーロッパ連盟テクニカルデレゲート、フランス選手権テクニカルデレゲート)
  • タイムキーパーとスコアキーパーの任務、選手の重症度の管理: Christian Kaschuta(オーストラリアハンドボール連盟副会長、ヨーロッパ連盟テクニカルデレゲート、元IHF国際審判員)
  • 車椅子ハンドボールの審判、テクニカルデレゲートのリクルート:Vicenc Breto(IHF審判委員会レクチャラー、ヨーロッパ連盟テクニカルデレゲート、カタルーニャ体育連盟GM)
お知らせカテゴリーの記事