車椅子ハンドボール競技はだれでも(障害のある人、ない人)いつでも一緒になって気軽にみんなで楽しめるスポーツです。また、車椅子ハンドボール競技は、オフェンスが巧みに車いすを操作してシュートやパスで攻撃し、ディフェンスやゴールキーパーがそれを阻止するという攻防はとてもスピード感あふれる魅力のひとつです。

 車椅子ハンドボール連盟は障がい者スポーツの理念である「活力ある共生社会の創造」を目指して活動しています。障がいの有無にかかわらず、一人ひとりの個性を尊重し、車椅子ハンドボール競技しいてはスポーツの面白さ、楽しさを広く普及したいと思っています。

 車椅子ハンドボール全国大会はすでに皆様のご支援ご協力により15回を数え年々充実してまいりました。連盟役員一同はさらに車椅子ハンドボール競技の普及拡大、振興について身近な地域でプレーが楽しめるよう各機関団体とも連携を取りながら発展させていきたいと思います。また皆様の信頼される組織の為ガバナンスの強化を図ってまいります。

 今後ともご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

会長 豊田昌夫

名   称一般社団法人日本車椅子ハンドボール連盟
所 在 地〒772-0021 徳島県鳴門市里浦町字坂田134-1
日本車椅子ハンドボール連盟事務局 半田忠史
TEL / FAX088-686-3492 / 088-686-8194
ホームページhttps://jwhf.jp
設立年月日2003年(平成15年)3月31日
会   長豊田 昌夫
組織の目的本連盟は、日本における車椅子ハンドボール競技大会を統括し、代表する団体として車椅子ハンドボール競技の普及および振興を目指し、もってこの競技の健全な発展とスポーツ文化の育成に寄与することを目的とする。
2003年3月31日日本車椅子ハンドボール連盟発足(初代会長 小西博喜)
2004年1月31日厚生労働大臣杯 第1回日本車椅子ハンドボール競技記念大会を開催
2005年財団法人日本ハンドボール協会に加盟
2008年11月厚生労働大臣賞 日本車椅子ハンドボール競技大会に名称変更
2011年4月財団法人日本障害者スポーツ協会に準加盟
2014年11月文部科学大臣杯 日本車椅子ハンドボール競技大会に名称変更
2016年5月第2代会長 木野実 就任
2017年4月一般社団法人日本車椅子ハンドボール連盟 設立
2018年6月第3代会長 豊田昌夫 就任
2022年7月第1回車椅子ハンドボール関東競技大会 開催

定款

チーム登録規程

コンプライアンス規程

2022年度組織図

名誉会長
奥正之
顧問
黒住宗晴/嶋村俊一/西村弘/松本芳樹/宮川清/宮下和久/山中昭治郎/吉澤潔
スーパーバイザー
木野實/岡田美優
会長
豊田昌夫
副会長
市田隆文
専務理事
半田忠史
理事
阿南孝志/大西満/金田鐘福/児玉浩三郎/田中秀和/中島昭博/福島洋祐
委員
浅野航平/江川達郎/柏葉公平/金川祥久/今野育男/佐藤克輝/田村充/中西広男/馬場康二朗/古川沙夜/安田孝志/山崎彰/宮本祐輔/歴舎敦輝