JWHF一般社団法人日本車椅子ハンドボール連盟

初めて車椅子ハンドボール競技をする方々に

車椅子ハンドボール競技は6人のプレーヤからなる、2つのチームがボールをゴールポストに投げ入れる事を競う団体競技であります、障がい者の方々や、子供でも大人でも男女を問わず楽しめる球技です。

車椅子ハンドボール競技の良さは、コートもボールも手ごろで、規則も簡単でスピードを生命としており、特にゴールエリアライン付近での攻防のかけ引きは、特に、おもしろさがあります。

*コートの広さは35m×20mで、ゴールポストは横3m高さ1,65mです。

*ゴールエリアライン(6m)とフリースーロライン(9m)はゴールポストの中央(1,5m)からの半円です。

*ボールを保持して、車椅子のハンドリムを連続して4回以上プッシュした場合(片手でのプッシュや方向転換も含む)は「オーバープッシュ」の反則で相手のボールとなります。

*競技時間は前後半各15分間で休憩は5分間です、チームタイムアウトは各チーム前後半に各1回づつ1分間です。

*コートには、ゴールエリアラインと呼ばれる線があって、その中にはゴールキーパー以外は入れません。

*ボールは、直径16cm〜18cmのナガセケンコウ2号球 ソフトタイプのボールです。

競技は、コートの中央でスローオフ(ボールを投げること)によって始められます。プレーヤはお互い協力しあってボールをパスとドリブルによって前進させ、相手側のゴールへ、シュートして、ゴールに入れば得点1点なります。
防御側は、相手チームの攻撃を防ぎ、ボールを獲得したら直ちに攻撃に移ります、ゴールキーパは、ゴールを守り相手の得点を阻止するとともに攻撃のきっかけを作ります。このように攻撃から防御へ、又、防御から攻撃に移る変化に富んだスピーディーな競技です。
【概要】
  競技用車椅子は、タイヤの下の部分がハの字型に広がっています。これはストップ、ターンを有利にするため安定した形になっています。
 この競技用車椅子は、選手にとって身体の一部とみなされ、上半身と腕の操作によって、自在に動かすことができます。また、車椅子の接触は身体接触の規定に準じます。そして車椅子ならではのスピード感あふれるゲーム展開やシュートの迫力は十分な魅力があり、ボールさばきには、目が離せない楽しい競技です。
また、この競技では障害者もしくは女性1名が必ずコートに出場していなければなりません。
  【ルール】
Iチーム6人のプレーヤーの中に1人のゴールキーパーをおき、パスやドリブルをしなから、ゴールエリアラインの外側から、相手のゴールヘシュートを投げ入れて得点を競います。また、ボールを保持して連続4回車輪をこぐと、オーバープッシュの反則になります。競技時間は前後半各15分で休憩は5分間です。
  同点の場合は、5分の休憩の後、延長戦を前後半各5分ずつ行い、2分間の休憩を入れます。なお、同点の場合は3名による7mスローを行い、さらに同点のときは、1名ずつのサドンデスによる7mスローを行い、勝敗を決めます

  
  
  

車格子ハンドボールハンドボール競技のルールQ&A

Q 車椅子ハンドボール競技とは、どの様なスポーツですか

A 競技は、コートの中央からスローオフ(ボールを投げる事)によつて始められます。プレー ヤはお互い協力し合つてボールをパスとドリブルによつて前進させ、相手のゴールヘシュー トしてゴールに入れば得点1点となります。 防御側は、相手チームの攻撃を防ぎ、ボールを獲得すれば直ちに攻撃に移ります。ゴールキ ーパはゴールを守り相手の得′点を阻止するとともに攻撃のきっかけを作ります、このように 防御から攻撃へ、攻撃から防御に移る事ができるスピーディーな競技です。

Q 車椅子ハンドボール競技は何人で競技をするのですか

A コート内では、1チーム6人のプレーヤーからなり、(ゴールキーパを含む)6人のプレーヤ ーの中に必ず、障がい者もしくは女性が1名コートに出場していなければなりません。

Q コートの広さは

A サイドライン35m× エンドライン20mです。

Q ゴールポストの大きさは

A ゴールポスト横3m× 高さ1, 65mです。

Q ゴールエリアラインとフリースーロラインは

A ゴールポストの中央1, 5mからの半円でエリアラインは6m、フリースーロラインは9m です。

Q 競技時間は

A 競技時間は前後半、各15分で休憩は5分です、チームタイムアウトは前後半各1度です。

Q ボールは固いボールですか

A ボールは直径16cmから18cmのナガセケンコー2号球ソフトタイプのボールです。

Q 車椅子のハンドボール競技でもオパーステップの反則はあるのですか

A 有ります、ボールを保持(ボールを膝の上に置き)して、車椅子のハンドリムを連続して4 回以上プッシュした場合は「オーバープッシュ」の反員Jで相手ボールになります
inserted by FC2 system